アンダーヘア 自己手入れ

アンダーヘアのお手入れってみんなどうしてるの?

アンダーヘア 自己手入れ

アンダーヘア 自己手入れの仕方ってみんなどうしてるのでしょうか?
アンケートによるとカミソリ、毛抜きが多いようです

 

ですが、同時にトラブルが多いのも事実
間違った方法でアンダーヘアの自己手入れをすると、カミソリ負け(肌荒れ)、埋没毛(埋もれ毛)、色素沈着(黒ずみ)、鳥肌状のブツブツといったトラブルの原因になります。

 

正しいお手入れ方法で脱毛することが重要です。


やってはいけない自己処理の仕方って?

アンダーヘア 自己手入れ

自己処理で一番使ってはいけないものが「毛抜き」です
毛を引っ張ることによって、鳥肌状のブツブツができたり、皮膚が固くなったり、埋没毛(埋もれ毛)を引き起こします。

 

「カミソリ」も、長期で使用するとカミソリ負けしてしまい肌荒れや黒ずみをおこします。

 

脱毛ジェル、ローション、ワックスやシートは、敏感肌の人にはオススメできません。
刺激が強い成分を使用している場合が多いので、使用後に腫れる、ただれるといったトラブルがおきやすいです。

 

アンダーヘアが生えているエリアは、皮膚も薄く、肌も柔らかくて敏感
身体のどの部位よりも丁寧に扱う必要があるのです。


家庭用脱毛器って?

アンダーヘア 自己手入れ

今、自己処理派で人気なのが家庭用脱毛器
通販や大型家電ショップで簡単に入手できますからね。

 

ただ、脱毛器のスペック(性能)の差が大きいのが現実です。
残念ながら、値段と性能は比例しています

 

本体価格の安い製品はパワー不足と繊細さが不足しています
スネ毛や産毛程度ならいいですが、しっかりとしたムダ毛には向きません。

 

人気の「no!no!HAIR」(ノーノーヘア)やパナソニックの「ソイエ」、Vライントリマー等はアンダーヘアには少しパワー不足を感じます


高出力の家庭用脱毛器

アンダーヘア 自己手入れ

陰毛は剛毛で縮れています。
ですので、しっかりとしたパワーが必要です

 

パワーのある家庭用脱毛器は、さすがに機能的にすぐれています

 

具体的には、イーモリジュ、トリアプラス、センスエピといった機種が人気です。

 

なかでもイーモリジュは、楽天通販でずっと脱毛器人気ナンバー1を続けています
エステ並みの機能を盛り込んだ機種です。

 

>>>イーモリジュの性能を見てみる


脱毛エステという選択

アンダーヘア 自己手入れ

高出力の家庭用脱毛器の欠点は、安くないこと
本体価格も高額ですが、消耗品が意外とかかるのです。
あとは、手間と時間ということも忘れてはいけません。

 

なかなかお給料が上がらないご時世に厳しいですよね・・・

 

そんな時は脱毛エステという選択もあります

 

今、お試しキャンペーン等を利用すれば結構安いんですよ。
競争が激しいので、いろんなエステが格安のコースを設けています。

 

Vラインだけなら3000円代でできるので、家庭用脱毛器を買うよりも安く上がります
おまけに失敗の不安もなく、安心できるのがいいですね。

 

人気のエピレでは、2400円で4回のVライン脱毛が出来ます。
しかも施術中でも施術後でも、全額返金保証OKです。

 

>>>2400円のお試しコースを見てみる